家庭用蓄電池 電気は「売る」から「使う」時代へ

  • 太陽光発電の固定価格買取期間が終わる
  • 災害時の停電対策
  • 電気代を抑えて賢いくらしをしたい
家庭用蓄電池はこんな方へオススメです

停電はいつ起こってもおかしくない!?

最近は毎年のように災害が多発しています。
2017年10月に日本全国を襲った台風21号では約22万戸を超える停電が発生しました。

電力管内 停電戸数 電力管内 停電戸数
北海道電力 約20戸 関西電力 約105,240戸
東北電力 約7,500戸 四国電力 約16,600戸
東京電力 約49,800戸 中国電力 約13,000戸
中部電力 約23,400戸 九州電力 -
北陸電力 約11,240戸 沖縄電力 -

合計 約226,800戸

【出典】ウェザーニュースHP:
(台風21号)全国約20万戸が停電
<23(月)3:30更新>
https://weathernews.jp/s/topics/201710/230035/

徳島県においては、2018年1月30日に阿南市で火災があり、約6,000戸に及ぶ停電が発生しました。

徳島県の2018年1月30日の阿南市の火災の新聞記事

売電単価と電気料金が逆転!? 売電単価が年々下落し、
電気料金単価が年々上がっています。

売電単価と電気料金が逆転!?

最近は電気の値段が「売る」より「買う」方が高くなったので
ご自宅で電気を使った方がお得になっています。

安心感

停電が起きても電気が使える‼

停電が発生した場合も、自動で電気が使えるようになるので大きな安心感が得られます。

スマートな生活

電気を貯めて、電気料金が高い時間に使うとお得‼

深夜電力を貯めて昼間に使ったり、太陽光で創った電気を貯めて夜に使うと電気料金が下がります。

ライフスタイルの変化に合わせることが
可能な運転モード

  • 自家消費優先の運転モード
  • 売電優先の運転モード

家庭用蓄電池の主な種類

家全体で電気が使える
「全負荷型」

  • 停電時に家全体に電気を供給、いつもと変わらない暮らしができます。
  • 停電時もエアコンやIH調理器、エコキュートの200V家電製品が使用可能
家全体で電気が使える「全負荷型」

特定の電気回路で電気が使える
「特定負荷型」

  • あらかじめ停電時に利用する電気回路を決める方法です。
  • 停電時の電気を節約して使うことができます。
特定の電気回路で電気が使える「全負荷型」

8メーカーとも自社で
販売・申請・施工をしております