住宅設備アシストの
SDGsへの取組み

住宅設備アシストのSDGsへの取組み

持続可能な
開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます
外務省SDGsHP <https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html>

太陽光発電システムの普及

太陽光発電システムの普及
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
太陽光発電システムは、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない「クリーンな電力」として、近年日本国内でも認知されつつあります。
当社は2011年より太陽光発電システムの販売を開始し、2019年7月末現在で累計6,500kWを超える太陽光発電システムを徳島県、香川県を中心に普及させていただいております。
太陽光発電システムを普及させることにより、化石燃料に依存した現在の社会システムから、再生可能エネルギーを最大限に活用した社会システムに変化させ、エネルギーが枯渇する心配をすることなく、エネルギーの安定供給に繋がると考えております。

太陽光発電システムの維持管理の実施

太陽光発電システムの維持管理の実施
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 作る責任使う責任
太陽光発電システムは数十年発電するといわれております。しかし、維持・管理を行わないと、長い月日の発電ができないばかりか、発電が停止していることに気付いていないことも少なくありません。
そのために、当社では、お客様から少しでも異常があるとの連絡を受けると、24時間以内に現場に向かい、点検・調査をさせていただいております。また製品に問題があることが確認できれば、メーカーとも密に連携し、適切なアフターフォローを実施しております。

徳島県中央テクノスクールへの人材派遣

徳島県中央テクノスクールへの人材派遣
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 住み続けられるまちづくりを
2013年に職業能力開発校として、徳島県中央テクノスクールが開校され、6種の訓練科が創設されております。
当社は徳島県中央テクノスクールから依頼を受け、2018年度から、第2種電気工事士試験の受験準備講座スタッフとして、人材派遣しております。徳島県は1999年から19年連続の人口減少となっており、地方衰退の一途を辿っております。「手に職」をつけるお手伝いをさせていただき、当社所在地である徳島県に若者や外国人が定住し、人口減少に少しでも歯止めがかかるよう、協力をさせていただいております。

とくしまSDGs未来会議への参加

とくしまSDGs未来会議への参加
  • パートナーシップで目標を達成しよう
SDGsの考え方を徳島県内に広める「とくしまSDGs未来会議」が2019年6月に発足されました。当社も「性別、世代、職業、立場、組織などの壁を打ち破り、多様な主体が自由に学び合い、語り合い、参加できる場となるプラットフォーム」という趣旨に賛同し、会員となって、参加させていただいております。
同会メンバーと業種の垣根を越え、SDGsの考えを広め、新しい未来を創る力を発信していきます。
住宅設備アシスト株式会社
〒770-0872 徳島市北沖洲3丁目10番11-6号
GoogleMap >